加藤直紀がオススメするピックの選び方

船橋ギター教室でアコースティックギターとエレキギターを担当している講師の加藤直紀です。

ピックの厚さ・硬さについて、もう少し深掘りしてみましょう。

前回「ストロークには柔らかいピックが合う」ということをご説明しましたが、反対に単音弾きには硬い(厚い)ピックの方が合うと思います。この理由は前回も述べた「しなり」です。ここでも「弦離れ」がポイントになります。

例えば柔らかいピックで弦をはじく場合、まずピックが弦に当たります。そして弦から離れるまでピックの硬さの限界のところまでしなります。それから弦から離れ、音が出るのでこの弦に当たった瞬間から離れるまでの、しなっている時間には音が出ていないことになります。

これがしなればしなるほど、弦に触っている時間が長い(=音が出ない時間が長い)ので、音がブツ切れになりやすいです。

一方、硬いピックの場合、硬ければ硬いほどしならないので、弦に触れている時間が短く、ピックが当たって次の瞬間には弦から離れているので音抜けが良くなるわけです。なので単音弾きには硬いピックの方が有利と言えると思います。

ただ柔らかいピックだと絶対不利というわけではありません。柔らかいピックで弦離れを良くするにはどうしたら良いか、ピックをしならないように、先端を短めに、しっかりとピックを持てば可能です。が、これもそこそこテクニックが必要なので上級者でないとつらいかもしれません。

結論

前回・前々回のブログも含めてピックについて色々と語ってきましたが

  • ストローク系 =大きい、柔らかい、先端は丸くても尖っててもOK
  • 単音系 =小さい、硬い、先端鋭角

というのが私のオススメです。
※形状に関してはイレギュラーが多いので、ここでの議論からは外しました。

ただし、上級者になればなるほどこれらのことは関係なくなっていきます。しっかりしたピッキングの技術があれば、どのような形状や硬さのピックでもある程度弾けてしまうのです。もし弾くものによってピックを変えるとしたら、それはそのピックの方がサウンドがベターだという理由しかありません。

ただし、そこに到達するためには長年の経験と良い音を知っている耳が必要です。まずは自分がどんな音楽をやりたいのかでピックを選び、経験値を高めましょう!

アコギで弾き語りがしたければ柔らかめのおにぎりやティアドロップ、繊細なテクニックを必要とするギターソロを弾きたいならジャズ、ガシガシとリフを刻んだメタルやヘヴィロックなら硬めのティアドロップやジャズといった感じでしょうかね。

時間とお金が許すのであれば、10〜20枚の色々なタイプのピックを選んで試してみること。そして弾きやすくて気に入ったものが見つかったら、できるだけそのピックを使い続けることをオススメします。これがピックで上達を阻害されないための大事なポイントです。

ちなみに、ピック選びを突き詰めていくと、最終的には自分でピックを作ってしまう場合もあります。私も自分で作ったりしますが、ピック作りも楽しい作業なので、こだわる人はぜひ挑戦してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です