ピック、ちゃんと選んでますか?

船橋ギター教室でアコースティックギターとエレキギターを担当している講師の加藤直紀です。

みなさん、ピックはどうやって選んでいますか?

とりあえず楽器屋さんに行って、たくさんのピックの中から直感的に「きれいな柄」や「かわいいイラスト」のものを適当に選んでませんか?

それはちょっと危険ですよ!

実は使っているピックのせいで上達が阻まれることもあります。今回はそんなピックについてお話しましょう。

ピックには代表的に
・おにぎり型
・ティアドロップ型
・ジャズ型
の3つがあります。

細かいところではホームベース型など他にも色々ありますが、今回は上記の代表的な3種類についてお話します。

まず実はピックには弾くものによって向き不向きがあるのです。

まず大きさ。これはおそらくピックにかかる衝撃の大きさで変わってきます。たとえばアコギなんかで大きくストロークする場合は「一般的なおにぎり型」や「大きめのティアドロップ型」などが適しています。ピックが大きい方がしっかりと持つことができるので、大きくストロークする場合にも力を伝えやすいのです。

一方で、速弾きのギターソロなんかでは細かい指先のコントロールが効く「小さめのティアドロップ型」や「ジャズ型」などが合います(ティアドロップ型はある意味万能型とも言えますね)。

しかしさらに考えなければならないのがピックの固さと先端の形状です。

例えばアコギでストローク中心で弾いている生徒さんに単音弾きの練習をやってもらうと、どうもうまくいかないことがあります。それがピックが原因ということも少なくないのです。

だいたいそういう生徒さんの使っているピックを見せてもらうと、先端の丸い感じのおにぎり型であったり、やはり先端の丸い感じのティアドロップであったり、さらには使い過ぎて先端が削れてしまいかなリ鈍角に丸くなってるものを使ってる人が多かったりします。

そこで私が使っているピック(ジムダンロップ、トーテックスジャズⅢ 1.14mm)を渡して使ってもらうとすんなり弾けてしまったりするんですね。これには理由があります。

〜次回に続く〜

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です