Fコードが弾けない人はギターの弦高を調整すべし

船橋ギター教室でアコースティックギターとエレキギターを担当している講師の加藤直紀です。

これからこの場をお借りして、私自身の演奏経験や様々なギタリストや生徒たちと接してきた体験を基に、ギターを弾く皆さんの役に立つような話を不定期でお届けしていきます。

今回はまずギターを始めたばかりの初心者(今回は主にアコースティックギター)が挫折する一番の原因について語りたいと思います。

ギター初心者が最初にぶつかる壁。

そう!「F」のコードです!

俗にバレーコードと言われるやつですね。1フレット上の6本の弦を人差し指で全部押さえるわけですが、これが初心者にはなかなか難しくて、きれいに音が出なかったりするんですね。まあ練習が足りないとか、コツをつかんでないとか、理由はいろいろあるんですが、実は1番重要なポイントがあるんです。

それが「弦高」です!

もっと厳密にいうと、ナット(指板の1フレットの横にある弦が乗っかってるところ)の溝の深さ(浅さ?)なんですね。

これからギターを始めようという場合、大抵の人はお値段安めの初心者セットなんかを買うわけです。そういうギターの場合、だいたいナットの溝が浅くて1フレットあたりの弦高がかなり高くなってるわけです。そうすると、弦とフレットワイヤーの距離が遠いので、よりしっかり押さえないとちゃんと弦がフレットワイヤーにくっつかないわけです。

安いギターってのはこの辺の調整が結構適当で、ブリッジ側の弦高も高かったりして、経験者でも使うには厳しいものが結構あります。まあだいたい有名なメーカーのものでも3~4万くらいまでのグレードのものだと調整ができてないギターが多いです(10万近いものであればほぼ良い状態に調整してあります)。

で、ナットの溝をビらないギリギリの深さまで切って深くしてあげるわけです。そうすると弦とフレットまでの距離が近くなるので軽い力で容易に押さえることができます。

でも実はこのナットの溝切りというのは結構難しくて、ノコを1回挽き過ぎただけで開放弦で音がビッてしまうなんてこともあるので、安い量産品でナット切りに時間かけるわけにもいかず、まあちょっと高いけどビらない状態で出荷するわけですね。

下手に低くても弾く人によっては強く弾いたときにビるって店にクレームいれられたりするわけで、店側にとってもその方が良かったりするわけです。じゃあこういうギターを買ってしまった場合どうしたらいいかそいうと、やはり調整するしかないわけです。ようはナットの溝をビらない程度でギリギリの深さまで削ればいいわけです。

ただ、削るといっても素人には無理ですし、ナットの溝を切る専用のナットファイルという工具も必要になります。なので買った店やリペアショップに調整に出すということになります。金額はだいたい安いところで3,000円くらい、高いと10,000円近く取られるところもあります(ちなみに船橋ギター教室では、希望があればレッスン時間中にある程度の調整も指導します!)。

調整料金がかかりますが、明らかに押さえやすくなるのでこれはやった方が良いですね。ギターがしっかり調整済みであればあとはコツさえつかんでいけば、壁は越えられます。

他にもブリッジの調整などいろんな調整が必要になってくるわけですが、それはまた次の機会に。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です